headimg

Concept

「靴の美しさ・楽しさとともにアイロニカルなダンディズムを提案します」

シェットランドフォックスは、1982年(昭和57)にデビューしたリーガルコーポレーションのブランドです。
当時のリーガルコーポレーションの前社名である日本製靴が世界に通じる高級自社ブランドとして、主にセレクトショップや海外のシューショップ等で販売を行っておりました。

2009年春に、成熟してきた日本の靴市場において、「ブランドに惑わされない、日本人のための日本製の靴ブランド」として再デビューを果たしました。

日本人の足形を豊富な経験から分析し、外見からではわかりにくいリーガルコーポレーションならではの仕掛けを盛り込み、フィッティングと履き心地の良さを高い次元で実現しております。

流行にとらわれない永く履ける靴、それでいて大人の洒落を忘れずにいたい大人たちの為の靴です。

Detail

【ラスト(木型)】

長年の経験を踏まえ、履き心地を考えた木型職人の理想の形を表現しました。細部の削りこみ等にミリ単位での修正を加えながら、美しさを犠牲にせず、足形に近い形を採用。大量に生産することを目的とせず、永く履けて愛着の持てる靴となることを考えました。結果的に、量産靴メーカーではあまり例をみない、手間と時間の掛かる木型で靴を作ることを実現しました。

足にやさしいデザイン

一般的なラストは青ラインが木型の中心になるのに対し、
赤ラインを中心にしています。
靴のセンターを約8mm~10mm移動させることにより、
より足に自然な履き心地になり、足の負担を軽減することに繋がります。

足にやさしいデザイン
踵骨設計

足の丸み(踵骨)に合わせた踵設計。踵部の座りが向上。座りが良くなることにより、フォールド性が向上し歩行をサポートします。

踵骨設計

【プレミアムレザー】

世界各地からプレミアムレザーを確保。水染めコードバンなど、世界的にみても非常に手に入りにくい素材を使用しています。

【ロングカウンター】

歩行の安定を得る為に内踏まず側が長いロングカウンターを塔載。目には見えない部分ですが、アーチサポートとヒールホールドが格段に良くなり、結果として履きやすく疲れにくい靴となっています。ロングカウンターを塔載することにより、甲革のアーチ部は手作業での釣り込みが必要となりますが、手間をかけた分、靴の美しさに繋がっています。

ロングカウンター

【中底】

中底にお椀上の丸いくぼみを成形することで、足の収まりがよくなることに繋がっています。
ヒールの取り付けなどに高い技術力が必要になるので、世界的に見ても量産メーカーでは稀な加工です。

中底
このページのトップへ