SHOP blog

『Repair - Heels & Toe Tips - 』

April 20 2016

皆様こんにちは。日比谷店の布施でございます。

 

おかげさまで、SHETLANDFOX日比谷店は5年目を迎えることができました。

 

最近では知名度も上がり、シェットランドフォックスの靴を履いてみたいとご来店されるお客様がたくさんいらっしゃいます。
私自身も、再デビューから携わっているものとして特別な思いを感じており、これからも多くのお客様にシェットランド
フォックスの靴を履いていただきたい、気に入った一足に出会っていただきたい、靴に愛着をもっていただきたいと願っております。

 

しかし、気に入った一足も、永く付き合っていきたいと思う一足も、ヒールやソールは消耗品ですので、
丁度いいタイミングで修理されなければなりません。

 

リーガルコーポレーションは極めて厳格な社内基準のもと、末永く履いていただける耐久性の高い靴を作り続けてまいりました。
その延長として、リペア分野にも注力しております。

 

以前にもショップブログでご紹介させていただきましたが、
リペアは、ある意味、新品の靴を作る以上に難しい作業技術を要します。
リーガル、シェットランドフォックスの靴を大切に履いて下さるお客様のご期待に応えるべく、熟練職人の手作業による入念な
リペアを行っております。
リーガル、シェットランドフォックスのリペアが街の修理店と少し違うのは、基本的に純正パーツを使ったリペアが可能な点です。
オリジナルの木型を使ってソール交換を行うと、履き込んだことによる足馴染みはそのままで、その靴が作られたときに近い
フォルムに戻すことができます。

 

リーガルコーポレーションではリペア専門のファクトリーを持たず、新品の靴を製造しているラインで、リペアを行っております。 
効率を考えれば、リペア専門のファクトリーで修理をした方がスピードという観点からも良いのですが、実際、新品もリペアも
リーガル、シェットランドフォックスの靴は同じラインで丁寧に製造、リペアにあたっております。
これもリーガルコーポレーションは品質第一で、新品と同様にリペアも大事にする気持ちの表れでございます。

 

今週は、リペアの中でも初めに交換されることが多い「ヒールとつま先」についてご紹介させていただきます。

repair2
ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、ヒールは二層構造になっております。
本底の下に革の積み上げがあり、その下にトップリフト(化粧)が付きます。
repair3
トップリフトの修理の目安は、接地面から約5㎜くらい減ったところです。
革の積み上げまで減ってしまった場合は、積み上げを含めた修理となります。
靴へのダメージを抑えるため、早めの修理をお勧めいたします。
repair4
「化粧替え、ヒール替え」
価格|¥3,780~¥5,400(税込)
お預かり期間|2週間~3週間


repair5
最近では、ヒールと一緒につま先の修理をされるお客様が増えております(お店でも推奨しております)。

repair6
履きおろして間もなく、つま先の減りが気になります。靴の返りがついてくると少し落ち着きますが、
減りすぎには注意が必要です。

つま先は本底とウエルトに分かれており、修理が可能なのは本底の減った部分の修理です。
※ウエルトまで減ってしまった場合はご希望に添えない場合がありますので、こちらも早めの修理をお勧めいたします。

repair7
完成後はこのようにラバーが付きます。

 

「つま先ゴム貼り」
色|ブラック、ダークブラウン
価格|¥2,160~¥2,700(税込)
お預かり期間|2週間~3週間


これからの時期、ゴールデンウィークにより納期が変わります。予め、日数に余裕をもってお持ち下さいませ。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。


※修理の追加、変更について
 お預かりいたしました靴の状態により修理箇所の追加、変更等をお願いすることがあります。
 追加及び変更の必要がある場合はお店よりご連絡させていただきます。
 また、修理材料の在庫により修理完了が変更になる場合もありますのでご了承下さいませ。

 

 

■4月、5月の定休日のお知らせです■
4月20日、27日
5月11日、18日、25日
毎週水曜定休でございます。予め御了承下さいませ。
※5月4日(水)は祝日のため、通常営業です。

 

今週も皆様の御来店を心よりお待ちしております。

日比谷店

SHETLANDFOX 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-9-4
蚕糸会館1F
TEL:03-5220-2485
定休日:水曜日(祝日の場合は除く)

このページのトップへ