SHOP blog

『 WINSTON SERIES 』

November 29 2018

皆様こんにちは。日比谷店の布施でございます。
ショップブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

11月も終盤を迎え、ますます冬の気配が色濃くなってまいりました。

 

今更ですが、秋にやり残したことはないかなと考えていたところ、近所で熟した柿の木を見つけました。「秋、見つけた」ということで、さっそく今年の初物、柿を美味しくいただきました。
※柿はちゃんと購入したものです。

 

今週のブログは、ウィンストンシリーズを紹介いたします。

 

ウィンストンシリーズといえば、年々、稀少価値の高まる国産水染めコードヴァンを使用しています。
水染め製法によって自然な風合いを生かした革は、独特な透明感、艶感が特徴です。
また、牛革とは異なる経年変化をしていきますので、永く愛着を持って、履き込んでゆく楽しさも魅力のひとつです。

 

ブログをご覧いただいている方の中で、一度は履いてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

ウィンストンシリーズは、ボリューム感があるフォルムで、それを表すかのように木型は、ややゆったりした設計です。

 

しかしながら、フィット感を向上させる仕掛けがしっかりと盛り込まれており、コードヴァンの素材をいかした見た目の美しさと、フィッティングと履き心地の良さを実現させています。

是非、お試し下さいませ。

 


Plain toe ( 046F SF ) Color : Black cordovan
Round toe last.


Plain toe ( 046F SF ) Color : Wine cordovan
Double sole.


Full brogue ( 047F SF ) Color : Black cordovan
Quarter medallion.


Full brogue ( 047F SF ) Color : Wine cordovan
Leather sole.


品番 |046F SF、047F SF
製法 |グッドイヤーウエルト式
修理 |オールソール、ヒール、その他
サイズ|5.5~9.0(23.5~27.0)
価格 |¥97,200(税込)

 

今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

■ 12月の定休日のお知らせです ■
12月5日、12日、19日、26日 毎週水曜定休でございます。
12月31日(月)大晦日は、店休日とさせていただきます。
予めご了承願います。

 

※年末年始の営業予定は、後日改めてご案内申し上げます。

 

SHETLANDFOXインスタグラムもご覧下さい。

 

 

『Winston ,PATTERN ORDER SHOES introduction』

July 19 2018

SHETLANDFOXのショップブログをご覧頂きましてありがとうございます。飯沼です。

 

17日火曜日まで開催しておりました「Bグレードセール」には、
猛暑の中、お忙しい中、たくさんのお客様に足をお運び頂きました。ありがとうございました。


回を重ねるごとに、御来店も増えており、ありがたく、とても嬉しく思っております。
皆様の御協力のおかげで、今回もまた無事にイベントを終えることが出来ました。
重ねて御礼・感謝申し上げます。毎度ありがとうございます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
(期間中にはシューツリーを欠品させてしまい、申し訳ございませんでした。本日、再入荷致しました)

 

さて、天候の良い日が増えてくれば、コードヴァンを履こうかな、と思う日も増してくるかと思います。
今週は現行SHETLANDFOXの中で唯一、コードヴァンを採用しているシリーズ、「Winston」をご紹介致します。

 

「ウィンストン」シリーズ、2016年夏デビュー。
踵廻りまで縫いの廻ったグッドイヤーウエルト式製法、ダブルソール、ステッチの入ったウエルト仕様、など、
ボリューム感のある仕上がりのシリーズ。

デザインは、プレーントウ、ウイングチップの2種類。
各デザイン、レギュラー仕様では甲革には、年々稀少価値の高まっているコードヴァンのブラックとワイン、2色をご用意しております。


木型は、現行SHETLANDFOXの中では、幅広・甲高めの設計、とはいえ、踵の納まりの良さは欠いてはおりません。
コードヴァンの素材を活かす「見た目の美しさ」と、「フィッティングと履き心地の良さ」を実現させる内面と、
バランスさせるようデザイナーは苦心しておりました。

 

046F SF プレーントウ ワイン

047F SF ウイングチップ ブラック

 

「Winston」シリーズ
品番|046F SF(プレーントウ) 047F SF(ウイングチップ)
色 |B(ブラック) WINE(ワイン)
甲革|馬革(水染めコードヴァン)
底材|革底
製法|グッドイヤーウエルト式製法
修理|オールソール、ヒール替え、化粧替え、その他
サイズ|5.5~9.0(23.5~27.0)
価格|¥97,200(本体価格¥90,000)

 

ところで、粋人九鬼先生の残した言葉には
「既存を回顧して伝統の中に自己と言葉とを確実に把握すればよい。
与えられた可能性を与えられるべき現実性に展開せしめ、かくされた潜勢性をあらわな現勢性に通路せしめさえすればよい」
こんな活字がございます。涼し気、かつ、エモい。


例えば、その色ではなくこの色、その素材ではなくこういう素材、
皆様個々の期待や潜かな想いを現実にしていくには、皆様其々のアイデアや、時間、寛容さや潔さ、良き機会、
などなども必要となってくることと思います。
パターンオーダーという選択肢もあることを覚えておいて頂くと良いかもしれません。

 


甲革:水染めコードヴァン(日本製)ネイビー
価格:¥113,400(税込) (基本価格¥112,320+オプション底ツートン仕上げ¥1,080)


甲革:水染めコードヴァン(日本製)タン 
価格:¥114,480(税込) (基本価格¥112,320+オプションネーム入れ¥2,160)

甲革:アニリンカーフ(フランス製)ネイビー、手もみ革(日本製)ネイビー
価格:¥66,960(税込) (基本価格¥62,640+オプション甲革コンビネーション¥2,160 ネーム入れ¥2,160)

 

写真掲載の御協力、誠にありがとうございます。またよろしくお願い致します。

 

次回、日比谷店でのパターンオーダー会は、夏の暑さ残る秋の始まりの頃。
『2018秋 PATTERN ORDER FAIR』は下記日程で開催を予定しております。

 

-'18 AUTUMN PATTERN ORDER FAIRー
日程:9月7日(金)~9月25日(火)
   ※フェア―期間中の9月12日(水)、19日(水)は定休でございます。予め御了承下さい。
お渡し予定日:2019年1月予定

 

■ 7月、8月定休日のお知らせです ■
7月25日、8月1日、8日、15日、22日、29日、毎週水曜定休でございます。予めご承知おき願います。
 
それでは、今週も皆様の御来店をお待ち致しております。

 

 

『Winston』

December 21 2016

SHETLANDFOXのショップブログをご覧頂きましてありがとうございます。飯沼です。
2016年12月冬至。
今年も数えるほどの日数となれば、忘年、感謝、祝祭、贈答、返礼、願い事、反省、ご挨拶…と、
新しい年も近づいてきますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ハレルヤソラ、キエルヤクモ。
ひょっとしたら、一年の内でもこの時期が、最も、感謝と願い事の溢れる時期、なのではとも思います。
夢と希望と現実と、忙中の閑に、願いごとの中には、ひとりでは、ひとりでには、叶えられない事も多いと思えば、
「求めよ…尋ねよ…門を叩け…」という言葉の意味を深堀してみたくもなります。

 

さて、革靴に興味を持ち始めた頃、色々と知っていく中で「カーフ」と「コードヴァン」を、
「いつかは履いてみたい」と憧れを抱いた方は多いのではないでしょうか。
いつかの時は来ましたか?
今週のブログは現行SHETLANDFOX唯一のコードヴァンシリーズ、
「Winston(ウィンストン)」のご紹介です。

 

sdr

コードヴァンは、植物タンニンなめしを施した馬の尻部の革。

さらに、馬の尻の革が全てコードヴァンではなく、職人によって削り出される、
ごく一部の緻密な繊維組織の層のみがコードヴァンレザーとなります。
馬1頭から採れるのは、靴1足~1.5足分程度と貴重なものであり、
様々な文化の変化もあって、その稀少価値は年々高まるばかりのようです。

 

「Winston」で使用しているコードヴァンは、素材そのもののナチュラルな表情と風合いを活かした「水染め」で、
独特の艶感、透明感、奥行きのある経年変化をもたらします。

 

cof

046F B
ボリューム感のある木型の採用、どっしりとした雰囲気の仕上がりで、

ヴィンテージ感のある表情となっております。

cof

047F B

cof

047F WINE
※ワインカラーは素材の特性上、甲革にムラ感があり、1足1足の濃淡もまた異なります。
 この特徴を革の「味」としてご理解の上、使用くださいますようお願いいたします。

 

押さえるべきところは押さえておりますが、幅はややゆったりめの履き心地。
デザイナーは「足裏のフィット感にも拘っています」と、申しておりました。

是非、一度お試しくださいませ。

 

「Winston」シリーズ
品番|046F SF(プレーントウ) 047F SF(ウイングチップ)
色 |B(ブラック) WINE(ワイン)
甲革|馬革(水染めコードヴァン)
底材|革底
製法|グッドイヤーウエルト式製法
修理|オールソール、ヒール替え、化粧替え、その他
サイズ|5.5~9.0(23.5~27.0)
価格|¥97,200(本体価格¥90,000)

 

では、今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 

■12月の定休日、年末年始 営業時間のお知らせです■
12月21日、28日、水曜定休でございます。
12月30日(金) 通常営業 OPEN | 11:00 ~ CLOSE | 20:00
12月31日(土) 店休日
1月 1日(日) 店休日
1月 2日(月) 初売り  OPEN | 11:00 ~ CLOSE | 20:00 ※通常営業です。
1月 3日(火) 通常営業
1月 4日(水) 定休日
予め御了承くださいませ。

 

■「2017 WINTER B-GRADE SALE」の日程です■
※昨年と開催日、開催期間が異なりますので、お間違えのないようご注意ください。
開催期間:2017年1月13日(金)~1月17日(火)5日間
営業時間:11:00~20:00
どうぞ、御利用くださいませ。

 

 

,

『Full Brogue』

November 22 2016

SHETLANDFOXのショップブログをご覧頂きましてありがとうございます。飯沼です。
トレンド番付や流行語の話題が出てくると、今年も年末が迫ってきているなぁ、と、ソワソワしております。
無数の流行り廃り、栄枯盛衰があるので、
トレンドに乗れる軽やかさであったり、流されない強さであったり、触れないことの出来る清閑さ、
そういうものに私はなりたい、と、関わり方もまた様々かと思います。


巷では、現在進行中で、起毛感のあるグレーのスーツがトレンドの一つだそうで、
それに合わせる靴はスーツの素材感に負けない「英国調の黒のブローグシューズ」と、雑誌で読みました。
穴飾りの存在感と躍動感。
あります。日比谷店にも「英国調のブローグシューズ」。


SHETLANDFOXフラッグシップシリーズ。
1122-1
「KensingtonⅡ(ケンジントンⅡ)」シリーズ  価格 |¥66,960(本体価格¥62,000)
品番 |012F SF

 

チゼルトウ、世に広めたのは一人の英国靴職人、と聞いております。
1122-2
「Brighton(ブライトン)」シリーズ  価格 |¥66,960(本体価格¥62,000)
品番 |032F SF

 

細身のスッキリとしたものをお求めならこちら。
1122-3
「Aberdeen(アバディーン)」シリーズ  価格 |¥47,520(本体価格¥44,000)
品番 | 3058 SF

 

ブリティッシュカントリーテイストを強めにするなら、こういった風味。
1122-4
「Hampton(ハンプトン)」シリーズ  価格 |¥47,520(本体価格¥44,000)
品番 | 051F SF

 

ニューイングランド風に見られがちですが、個人的には旧き良き趣きも感じます。
重厚感。
1122-5
「Winston(ウィンストン)」シリーズ  価格 |¥97,200(本体価格¥90,000)
品番 | 047F SF

 

詳細な違いは、是非、店頭にてお確かめ下さいませ。
SHETLANDFOXは日本のブランドです。ブランドに惑わされない、日本人のための日本製の靴ブランド。
「流行にとらわれない永く履ける靴、それでいて大人の洒落を忘れずにいたい大人たちの為の靴です」

 

■11月、12月の定休日のお知らせです■
11月30日、12月7日、14日、21日、28日、水曜定休でございます。予め御了承願います。
※11月23日(水)勤労感謝の日は通常営業致します。どうぞ、ご利用下さいませ。

 

それでは、今週も皆様の御来店をお待ちしております。

, , , ,

『NEW ARRIVAL -Winston-』

August 03 2016

2016年、8月、葉月。
SHETLANDFOXのショップブログをご覧頂きましてありがとうございます。飯沼です。

 

捉えた鯉の王様は、滝を昇って、進化して、竜になったことを喜んでいたのは、幼き頃の(夏の?)思い出。
それは特殊な事例であって、滝を昇れず鯉のままだって、ある朝目覚めたら虫になっていたって、
生きていくのが世の常だ、というのが今の想いで、枠組みの転換。
勝ったものは強いのだろうし、闘い続けることも強いことだと理解できるし、あるいは、
戦わない、ということも強さのなせる業だとも思ったりします。
勝ちたいのではなく、負けたくない。そんな共通点を個人的には見出しましたが、
例えば、ウィンストン・チャーチルはこんな言葉を残しています。
「私たちが勝ったとしても、たいしたことじゃない。
 でも、私たちが負けたら、かまってくれる人など誰もいなくなるだろう」
そういう機微を感じて、丸くなったり鋭くなったり…。
そもそも、人の世の中が、勝敗・強弱・優劣、で覆い尽くされているとは思いたくもないのですが。


0803-1
さて、今週のブログは新シリーズ『Winston(ウィンストン)』のご紹介です。

0803-2

甲革には、年々稀少価値の高まるコードヴァンを使用しております。
コードヴァン本来のナチュラルな表情と風合いを活かした「水染め」で、独特の艶感、透明感が魅力的です。
牛革とは異なった入り方をするシワ感も、また履きこんでいく楽しみの一つでございます。

0803-3
写真左より|046F SF(プレーントウ) WINE B
0803-4
写真左より|047F SF(ウィングチップ) WINE B

 

デザインは、プレーントウ、ウィングチップの2種類。
色は、各デザイン、ブラック、ワインの2色展開となっております。

0803-5
0803-6
ボリューム感のある木型の採用、踵廻りまで縫いの廻ったグッドイヤーウエルト式製法、
ダブルソール、ステッチの入ったウエルト仕様など、
しばらくSHETLANDFOXには無かった、どっしりとした雰囲気の仕上がりで、ヴィンテージ感のある表情となっております。

 

「Winston」シリーズ
品番|046F SF(プレーントウ) 047F SF(ウイングチップ)
色 |B(ブラック) WINE(ワイン)
甲革|馬革(水染めコードヴァン)
底材|革底
製法|グッドイヤーウエルト式製法
修理|オールソール、ヒール替え、化粧替え、その他
サイズ|5.5~9.0(23.5~27.0)
価格|¥97,200(本体価格¥90,000)

 

0803-7

堅牢で、無骨で、素朴な感じ、ちょっと見かけないけれども、どこか懐かしいような雰囲気。
見たこともないのに懐かしいとは不思議な話ではありますが、それはどこかで、
普遍的なイメージの起源と繋がっているからなのかもしれません。

 

ちなみに、ウィンストン・チャーチルはこんな言葉も残しております。
「私はいつでも学ぶことをいとわないが、教えられるのをいつも好むわけではない」
是非、履き心地やフィット感など、お試し頂いて、お客様自身の実体験として頂ければ、幸いでございます。


日比谷店の真夏の逸品。グルカサンダル『コロニアル』。
おかげさまで売り切れているサイズも出てきておりますので、
夏真っ盛り、お探しのお客様におかれましては、お早めにお求め下さいませ。
0803-8
「Colonial」
品番|050F SF 
色 |NAVY(ネイビー) DBR(ダークブラウン) LTBR(ライトブラウン)
甲革|牛革
底材|革底 ※ヒールは革積上げ+ゴム化粧
製法|マッケイ式製法
修理|ヒール替え、化粧替え、その他
サイズ|5.5~9.0(23.5~27.0)
価格|¥33,480(本体価格¥31,000)
※こちらの「Colonial」グルカサンダルは、日比谷店のみで販売する限定商品です。
サイズによっては欠品しているものもございます。
申し訳ございませんが、色、サイズが売り切れの場合、ご注文(お取り寄せ等)はお受け出来かねますので予めご了承下さいませ。

 

■8月の定休日のお知らせです■
8月3日、10日、17日、24日、31日 毎週水曜定休でございます。予めご了承下さいませ。


それでは、今週も皆様の御来店をお待ち致しております。

 

 

日比谷店

SHETLANDFOX 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-9-4
蚕糸会館1F
TEL:03-5220-2485
定休日:水曜日(祝日の場合は除く)

このページのトップへ